幼保連携型認定こども園

せいめいのもり

学校法人 清明学園
SEIMEI INSTITUTE

「もり」の記憶は

「生きぬく力」へ

園長あいさつ

人間は本来離巣本能を持ち、生まれた時から自立への歩みが始まります。しかし、乳幼児期は、仮想と現実、考えていることと手足の動作など、まだ分けて考えたり動かしたりすることが出来ない『未分化』の時期です。だからこそ、彼らにとって生活そのものである「遊ぶこと」が学びにつながり、その遊びによって発達していくのです。 遊びによって知りたい!やりたい!の意欲が引き出されると、探究心や忍耐力(根気)が生まれます。そして、集中力、創造性、仲間との協同性といった生活に必要な術を、体験的に身につけていきます。ときには、危険・苦痛・不快・不便さを味わうことがありますが、それは深く思考することを覚え、まさに「生きぬく力」へとつながるのです。 『保育』とは、子どもの心をつむぐこと、子どもが育つための環境を保証してあげることです。小さい壁を幾度となく乗り越える環境が子どもを育て、保育者を決して引き上げることばかりではなく、心に寄り添いながら支えることが求められています。意図的に声をかけたり、じっくり子どもを観察して見守ったりするバランスを保育者が考えていくことで、子どもの自己肯定感や自己有能感を育てます。

学校法人 清明学園 理事長/せいめいのもり 園長
司馬 政一

ナンデダロウ人になろう

保育理念

子どもにとって遊びは生活そのもの、学びそのものです。遊びをとおして多くの経験を重ねるなかで、生きぬく力を獲得していきます。遊びに没頭することで「集中力」を、子ども同士のかかわりから「集団生活のルール」を、自分以外の誰かから認められ、求められることで「自己肯定感」を育みます。子どもが遊びこめる環境づくり、子どもの心を育てる保育者のあり方を見つめ、「人・物・時間・空間・自然」などあらゆるものを、子どもの視点で考え、子どもの心に寄り添った温かい保育を目指します。

場所と時間、人とのふれあい
遊びこむための環境づくり

自ら進んでさまざまな遊びができるコーナーや、年齢やクラスを分け隔てず多くの友達と触れ合える場を園舎の内外に整えています。そうした環境で遊びこむことが、「集中力」「協同性」「意欲」「創造性」「思いやり」「感動」など、「生きぬく力」のもとになるのです。

ひとりひとりが違うこと
遊びあって、知っていく

やさしい子、好奇心旺盛な子、慎重な子、やんちゃな子、いろんな個性の子どもたちが一緒に遊ぶと、ときにはケンカもおこります。悔しい気持ち、友達を思う気持ち、嬉しい気持ち、協力する気持ち、友達との関わり方も遊びのなかで体験し身につけます。

助け合って、信じ合って
子どもたちの「今」を見守る

子どもはまわりにいる大人の日々の姿や行動、生き方を見て、良いことも悪いことも学びます。家庭とこども園という異なる環境で過ごす子どもの生活とその変化について、保護者と保育者は語り合い、助け合い、より深い信頼関係のなかで、日々の成長を見守ります。

こころとからだ、

まるごと全部で、遊びこむ

トンネルをくぐって、山にのぼって、夏は池で水遊び。大切にしたいのは子どもが遊びに没頭できること、こころもからだも、まるごと全部で遊びこむことです。 「せいめいのもり」には、子どもたちが遊びこむための園庭があります。築山やトンネル、石垣や物見台、ベリー畑に菜園まで、心と体をたくましく育むための工夫や仕掛けがちりばめられています。年齢も性別も身体の大きさもさまざまな子どもたちが一緒に遊ぶなかで、初めてのことや難しいことにもチャレンジします。最初は失敗して、ひやりとするかもしれません。けれど、しばらくすると子どもは自分で考えて解決できるようになります。これはまさに非認知能力(内面)が育っている証拠。昨日できなかったことが、今日はできるようになった。その達成感が子どもの心を強くします。 土や木、水や雪、自然とふれあうなかで、自分の好きな遊び、友達との関わり方、危険を察知して防ぐ方法、豊かな創造、意欲を広げるヒントなど、子どもが育つためのきっかけが園庭にはあふれています。

ガチャポンプからといを伝って遊びが展開。水をコントロールするその環境は、小さな科学者たちの好奇心をくすぐります。

ポンプアップしている地下水は川のように流れジャブ池へ。水は子どもの遊びにさらなる潤いを与えます。

地元札幌軟石を使用。ランダムに積まれた石垣を上ると、登った者だけが味わえる秘密の場所「天の基地」につながります。

高所平気症が問題視されている今日。簡単には登れず、降りられない。立体遊具がくすぐる好奇心は、身を守る力も育てます。

雪はひとつとして定型のない造形遊び。そして滑って遊ぶダイナミックな表情も見せてくれる、冬ならではの魅力ある遊具です。

火の管理は子どもがします。時には危険も伴いますが、実際に経験するからこそ、その温かさや柔らかさも伝わります。

せいめいのもりは、「生命いのちの森」

ホールコーナー

平面を活かして、すもうやボール遊びが人気です。小学校用のとび箱を飛ぶ子もいます。

テラスコーナー

やわらかな日差しが心地良い。ここでは時間の流れが穏やかです。

えほんコーナー

木に囲まれた温かさのなかで絵本の世界に入り込みます。保護者向けの本コーナも人気です。

おうちコーナー

家庭的な雰囲気のなかでごっこ遊びや、編み物などの手先を使う静的な遊びが広がります。

つくってあそぼうコーナー

創る、造る、作る、ほどばしるアイディアに感動!

せいめいタワー

外が嵐でもすべり台やロッククライミング、ネット遊具が遊ぶ意欲を引き出します。

おいしさ、あふれる

もりのキッチン

みんなで食べるごはんは楽しい時間。「いいにおい」「あったかい」「なんだろう?」「ぷちぷちする」「おいしいね」と、子どもたちが自分の五感を開いて、感じる力を豊かに育む大切な時間です。こうして、子どもたちが食べる給食は、園内の「もりのキッチン」で作ります。味覚の発達する時期に本物の味を知ってもらうため、メニューは旬の食材を使っています。友達と一緒に準備や後片づけをすることで、食事のマナーやルールを自然に身につけます。

本物の味を知ってほしいから
献立は素材の風味を活かす
和食が中心です


安心な食材を、素材をいかす味付けで

乳幼児期は身体や味覚を育てる大切な時期です。食べ物本来の味を「おいしい」と感じる力を育むため、食材はもちろん加工品や調味料もできるだけ添加物の入っていない良質なものを使います。例えばお米は食味ランク特Aの道産ななつぼし、低温殺菌のこだわり牛乳、ハムなどの加工品は発色剤を使わない無塩せきのものなど。味付けはかつお節や煮干しでしっかりだしをとった薄味の和食が基本です。だしをきかせることで、薄味でもおいしく食べることができ、素材そのものの味を感じられます。

食器は食べやすく安全に

給食を盛りつける器は、子どもの手でも安定して扱える「強化磁器食器」を使用します。食器の周辺部にそりかえしがあるので食べ物が逃げにくく、食べやすいつくりになっています。


からだをつくる大切な時期だから
不要なものを含まない
安心な食材を使います


アレルギーに配慮します

ご家庭と連携してアレルゲンとなる食材を除くなど、段階に合わせてアレルギーに対応します。代替食を用意する場合は、ほかの子どもとの差が少なくなるように配慮します。

成長に合わせた離乳食(乳児部)

子ども1人ひとりの成長に合わせて、そのときに必要な離乳食を用意します。体調に合わせて調理を変えることもできるので、栄養士と保護者で相談しながら一緒に考えます。

野菜を育て収穫します

園庭には子どもたちと一緒に作る畑があります。自分の手で野菜を育て収穫することで、野菜と季節の関わり、自分の身体と栄養のことなど、食べ物の大切さを知ることができます。

ボクだって、ワタシだって、意志がある

乳児部

乳児部では1人の子どもを同じ保育者がお世話する育児担当保育を行います。初めて親元を離れる0歳から2歳の子どもが安心して過ごせるように、1人ひとりの育ちと生活リズムに合わせて子どもたちを見守ります。 乳児の生活のなかでもとくに大切な食事と排泄をいつも同じ大人が継続して行うことで、子どもとの信頼関係を築きます。また、食事やお昼寝をいつも同じ場所にしたり、リラックスできる場所をつくったり、できるかぎり家庭に近い雰囲気を整えます。こうして家庭と園とで生活のリズムを合わせることで、「今は〜をする時間」「この後は〜をする」とわかり、1歳、2歳と自我がめばえるにしたがって、主体的に行動できるようになります。このときに大切なのは無理をさせないこと。子どもの気持ちがしっかりそちらに向いてから行動できるよう、その子の意志を尊重します。保育者から声をかけるときも、自分に話しているとわかるように、子どものそばで言葉を手渡すように話します。 子どもの育ちは年齢が小さいほどその差は大きく、家庭によって生活のリズムも異なるため、早さも一定ではありません。その日、そのとき、1人ひとりの子どもに合わせて、大人を必要としているときのサインを見落とすことなくさりげなく手を差し伸べる。大切なのは早さよりも順序です。決して急がず、無理はさせず、乳児期だけの育ちの時間をゆっくりたっぷり過ごします。


乳児部がめざす子どもの姿

  • こころもからだも健やかに、よく遊ぶ子ども
  • 食事やトイレなどの生活習慣を身につけた子ども
  • 0歳

    温かいふれあいを重ね情緒を育みます。

    1歳

    自我のめばえを見守りサポートします。

    2歳

    「自分でやる!」気持ちを大切にします。

    もっと、もっとが

    きっとたいせつ

    課外活動

    もっといろんなことを知って、もっともっと自分の世界を広げてほしいとの願いから、当園ではさまざまな課外活動を用意しています。芸術や語学、自然体験など、日常のなかで本物を知り体験することは、子どもの心にもきっと深く響くでしょう。

    造形<アトリエ ココア>

    言葉にならない気持ち、目に見えない大切なこと。色や形で表現する芸術は心の栄養です。

    英語<リトルポケット>

    外国の人や言葉、その文化にふれて「なんだろう?」と興味を持つことを大切にしています。

    自然体験

    ときには園を飛び出し自然の森や川で遊ぶ自然体験活動を行っています。土がほんのり温かいこと、知らない生き物がたくさんいること、実際に見て触れて感じた驚きは子どもの心に大きく響くはずです。



    ともに、まなぶ

    ともに、考える「共育」

    父母会の活動

    ひなぎく会

    園と一緒に、子どもと保護者をつなぐためのお手伝いをしています。また、「子育て」という共通点を持つ保護者のみなさんが、情報交換をしながら楽しく交流できる場にもなっています。

    サークル

    保護者ももっと自分の時間を楽しみましょう。ミニバレーや家庭教育学級、手作り小物など、種類もさまざまなサークル活動を行っています。日常から少し離れ、有意義な時間を過ごせます。

    おやじの会

    親として「おやじ」の新たな役割を考えようと結成された有志の会。自ら楽しみながら交流し、園の行事にも参加。イベントの企画・運営を通じて、『おやじがおやじらしく!』を模索します。

    さまざまな自然の恩恵のうえに
    人間の『生きる!』が守られています

    園長コラム

    近年、ミツバチが各地で大量死している問題は、決してはちみつが取れなくなる問題だけではなく、植物が受粉するための媒介が減ることで作物が育たず、人間が生きていくための大切な糧を失っていることになります。これは、農作物に使用している農薬にあるといわれていますが、人間が思うように制御しているようで、実は様々なひずみが出始めているのです。 子どもたちはドロドロになってどんな遊びにも発展できる自然の中で過ごすこと、植物を育てること、多様な色彩や定型のない造形に感動することなど、自然こそ人が生きていくことに欠かせない豊かな恵みであることを、乳幼児期から実際に触れることで、その大切さを心に刻んでいきます。ただし、同時に、自然は時として大きな危険をはらんでいます。例え大人の管理下であっても怪我をするときはあります。しかし、完全に人間が管理しているだろう人工物に囲まれたなかでの遊びには「極度な安全」が担保されても、「好奇心をくすぐる発展」はなく、心が揺さぶられる感動もありません。そして、人間は所詮自然の猛威に手も足も出ず、福島の原発事故のように、自らが作ったものまでコントロールの効かないことがあります。ミツバチの問題についても然りです。決しておごらず、受け入れながら他と共生する力、そして、この先降りかかってくるかもしれない危険や苦痛から、自らを守る術を獲得するには、乳幼児期からの良質な経験によって「生きぬく力」を獲得するしかありません。一時の利便・利益の追求ばかりではなく、先を見通すことこそ、未来への繁栄があるというものでしょう。 さぁ!今こそ保育のあるべき本質にせまるときです!一緒に楽しみながら考えていきませんか?



    おしらせ

    学校法人 清明学園

    幼保連携型認定こども園せいめいのもり
    〒065-0010
    札幌市東区北10条東14丁目2-8
    TEL. 011-721-6750 FAX. 011-721-6770

    幼保連携型認定こども園さつなえのもり
    〒007-0808
    札幌市東区東苗穂8条3丁目3-20
    TEL. 011-791-3703 FAX. 011-721-6770

    幼保連携型認定こども園おかだまのもり
    〒007-0837
    札幌市東区北37条東27丁目1-1
    TEL. 011-783-2233 FAX. 011-721-6770

    幼保連携型認定こども園もえれのもり
    〒007-0811
    札幌市東区東苗穂11条2丁目7-1
    TEL. 011-790-1080 FAX. 011-721-6770