ホームさつなえ幼稚園の教育方針年間・月間行事予定給食メニュー幼稚園からのお知らせ施設案内預かり保育・未就園児入園案内お問い合わせ・資料請求アクセスマップ写真・動画自己評価公開

教育方針


トップ  >  教育方針

園長 長谷川 右

 HPにアクセスいただきました皆様に感謝の気持ちを込めまして、『幼保連携型認定こども園さつなえのもり』の教育及び保育、子育て支援についてご紹介させていただきます。

さつなえのもりのミッションステートメント

 本園は「子どもの最善の利益を保障する」ための子ども達が創造する「子どもの城」を目指し、生きる力の基礎となる、子どもの心と体と知恵の調和のとれた発達を「遊び」を通して育んでいきます。

子ども一人一人の個性を尊重し、子どもが自分で考え、判断し、行動するという自発的な活動を納得いくまで取り組める環境づくりを大切にしています。

「うわさ声」の聞こえる さつなえのもり

 子ども達にとってさつなえのもりは楽しく、居心地がよく、安心でき安全な場所でなくてはなりません。「うわさ声」が聞こえてくる園です。「うわさ声」とは変な言葉ですが、教室やホール、園庭からこの声を聞くと、子ども達の楽しさや喜びがジーンと伝わってくるのです。

 うわさの「う」は「歌声」です。たくさんの歌と次々と歌い、時には体でリズムをとる音も聞こえてきます。いい歌声に、思わず立ち止まり聞きほれてしまうこともあります。

うわさの「わ」は「笑い声」です。「笑う門には福来る」と言いますが、子どもの笑いには純真さがあります。その笑い声は人の気持ちを温かくさせ、子ども自身や友達、保育教諭にとっても心の癒しになります。さらに笑いは病気に対する免疫力を高めます。
さて、最後の「さ」は、「叫び声(歓声)」です。子どもは夢中になって遊ぶと興奮して叫び声を上げます。「狼が来たぞー、大変だー」、「うわー」「キャー」「ヒー」という具合です。乳幼児期は感覚器官が著しく発達する時期です。小さい時に自分の内面から湧き上がる気持ちやエネルギーを外に向けて声に出し表現する体験の積み重ねがとても大事です。

 

保護者の皆様も時にはお子さまと一緒に「うわさ声」を出して「福」を呼んでください。
「うわさ声」が聞こえる本園は、「子どもの城」にふわさしい子どものための最高の認定こども園です。

お子さまのご入園を教職員一同心よりお待ち申し上げております。

園生活を通して子どもが周囲に存在するあらゆる環境からの刺激を受け止め、自分から興味をもって環境にかかわることによって様々な活動を展開し、充実や満足感を味わう体験を重視しています。

  子どもが安心し、落ち着いて過ごせる、くつろいだ環境の中で子どもの様々な欲求を満たし、生命の保持及び情緒の安定を図れるようにする。
  生き生き、伸び伸びとした遊びを通して、思いやりの心や自立心と自律性を育て、社会生活に必要な人とのかかわりをもつ力や健康、安全など生活に必要な基本的生活習慣や態度を養い心身の健康の基礎を培います。
  園外活動をはじめ、様々な体験活動を通し、健康な体をつくり、知的好奇心や豊かな感性、表現力、創造性の芽生えを養います。
生活の中で言葉への興味や関心を育て、話したり、聞いたいり、相手の話を理解しようとし、絵本等にも親しみ言葉の豊かさを養い、知恵を身に付けていけるようにする。
一人一人の良さや可能性を引き出し、自分で考え、判断し、行動できる力を育てるようにする。

 

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP
次
一日の流れ