もうすぐ発表会!!~【驚きと感動】~で現在熱く進行中♪

 おかだまのもりの発表会は特別なものではありません。子どもたちの生活そのものである『遊び』を土台に、
子どもたちの日常に溢れているアイディアや発想を活かし、子どもたちが自ら作り上げていきます。
ごく一般的な園の発表会は、担任の考えや思いだけを子どもたちにぶつけ、教え込み、綺麗で整然とした見た目
重視の内容になる事が多く、『素晴らしい~!』とご家族の皆さんが安易に評価しやすいものです。
しかも当日までの過程ではできないと叱責されたり、担任が役を決めたりすることがあるとか…。しかしこれでは、
子どもたちは『やらされている』だけで、子どもたちの発表会ではありません。

 本園は見た目重視の発表会を目指してはいません。担任は4月から今までの園生活での子どもたちの姿を踏まえ、
子どもたちのやりたい方向を見極め、そこに願いを付け加えながら、子どもたちが発表したい内容を自分たちで
膨らませたり、工夫したりして作り上げていけるよう、援助しています。そうすることで仲間と相談し、
意欲的に取り組みながらイメージを共有して力を合わせることができます。今年はさらに一歩進め大道具や小道具も
子どもたちの手で作成しています。何が必要かを考え、みんなで相談して取り組んでいく…。この過程こそがとても大切です。     
 
 見た目は素朴で見栄えしない小道具かもしれません。大道具も色の塗り方にムラがあるなど、綺麗な仕上がりでは
ないかもしれませんが、道具1つにも愛着が持て、何よりも子どもたちの眼や真剣さが一層輝き、当日まで楽しんできた
姿が想像されるはずです。この積み重ねが、子どもたち自身で作り上げていく発表会となり、教え込み中心の園では
絶対に見られません。
 当日は多くのお客さんを前に、緊張して固まる子、意欲や自信に溢れた子、ハプニングが巻き起こるなど
いろいろな姿が見られることがとても楽しみです。当日はご家族の皆さんにも、子どもたちの内面の育ちを感じ
共に喜び合えたなら幸いです。
プリンタ用画面

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失