ようこそ!おかだまのもりへ!!!

 みなさん、初めまして!こんにちは!
私は園長の伊藤です。ここでは、おかだまのもりが大切にしていることなどをお伝えしていきますので、
お読みいただけたら嬉しいです❤また、園見学や園開放日『あそぼうデー』など
お気軽にお越しくださいね。
心よりお待ちしています

さて、「おかだまのもり」は、保育園と幼稚園の機能を併せ持った『幼保連携型認定こども園』です。
縁あってここに集った0~5歳の子どもたち1人ひとりは、未来を生きる子どもたちです。
より豊かに!より逞しく!より楽しく!生きていってほしいと願い、共に生活をしながら、自ら考え、選択・決断をした
様々な実体験を通して心と頭を動かし、貴重な学びをしていけるような環境を大切に考えています。
子ども自身で考えて実体験していくことは、自主性・協調性・創造力・表現力・コミュニケーション力などが含まれる
【非認知能力~生きる力~】を育てます。この力が育たなければ、社会や他人と交わることができない大人や指示無しでは
動けない大人になってしまう恐れがあると言われています。しかもこの【非認知能力】が育たなければ、
学力・知識などの【認知能力】も育たないと、脳科学の研究で明らかになってきています。

子どもたちは、無数の秘めた思考や力を持って生まれています。『人間は経験の生き物』、その思考が開くためには、
経験して感じることが1番の方法です。それは、楽しさや嬉しさ・充実感だけではなく、ケンカやトラブルで
ケガをするなど多少の悲しい・嫌な思いや痛みも全て含まれます。子ども同士のトラブルを全て大人が解決して
しまったり小さなケガもしないように制限しすぎたりした環境など、全ての苦痛や危険を排除した世界は、
未来に存在しません。そうすることで、実体験の中で乗り越えるためのきっかけを奪い、より子どもを苦痛や危険に
近づけることになります。また失敗したり苦痛を感じたりした分、成功に近づき、喜びや楽しさを何倍も大きく
感じられるようになるものです!
 大人が『育ってほしい』と願うことは、全て遊びの中、子どもたち同士のかかわりの中にあります。
子どもが育つための貴重な学びの経験を奪わず、子どもの秘めている力を信じ、皆さまと共に見守っていきたいと思います。

あそび中心!こども中心!のこどもの城という清明学園の理念を基に、幅広い年齢の子ども同士が触れ合いながら、
教職員一同、心を温める保育をしていきます。
不安や心配など、些細なことでも担任・担当または、園長・教頭・主任へ気兼ねなくお話しください。
本園の方針をご理解いただいている保護者の皆さまとの出会いを幸せに感じながら、一緒にお子さんの成長を悩み考え、
喜び合える共育の思いを大切に進めてまいります。
改めまして、どうぞよろしくお願い申し上げます。
プリンタ用画面

ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失